メイク道具は洗ってる?道具の汚れは肌の汚れ!メイク道具を洗う重要性と正しい洗い方を伝授します

メイク道具は洗ってる?道具の汚れは肌の汚れ!メイク道具を洗う重要性と正しい洗い方を伝授します

本記事では、「メイク道具を洗う重要性」をメインに、メイク道具を洗う頻度、汚れたメイク道具を使い続ける危険性を解説しています。

普段メイク道具をどのくらいの頻度で洗っていますか?メイクをする際にブラシやパフ、ブラシは欠かせないアイテムです。毎日使用するアイテムだからこそ、洗わずに使い続けることも少なくありません。

しかし、メイク道具を洗わずに同じものを使い続けると、肌荒れの原因やメイクムラの原因になる可能性があり大変危険です!

そこで本記事では、メイク道具を洗う重要性や頻度などをまとめています。

「メイク道具を洗ったことがないかも…」「洗い方がわからない」という方は、是非参考にしてみてください。

メイク道具を洗う重要性

メイク道具を洗う重要性

メイク道具は、毎日使用するものです。だからこそ、きちんと洗い、清潔に保っておくことが重要です。こちらの項目では、メイク道具を洗う重要性について紐解いていきます。

メイクが濃くなる

メイク用のパフやブラシは、使用するたびに粉がどんどんたまります。

粉がたまった状態のパフやブラシを使用して粉を肌に乗せていくと、メイクが濃くなる場合があります。

さらに、メイクブラシを洗わずに使い続けると、粉だけではなく皮脂がブラシに付着します。皮脂がブラシに付着することでメイクブラシの毛同士がくっつきやすくなり、メイクをした際にムラとなってしまうこともあります。汚れたメイクブラシによって、メイクの仕上がりが悪くなり完成度も下がってしまいます。

メイクブラシの劣化が早まる

メイクブラシを洗わずに使用し続けると、ブラシの筆先が型崩れを起こし、毛が抜けやすくなります。

また、メイクブラシに付着した皮脂がファンデーションとくっつくことで「ケーキング」が起こる可能性もあります。

ケーキング

引用元:ワタシプラス

ずっと洗っていないんじゃない?アイシャドウチップをお手入れすべき理由 | 美容の情報 | ワタシプラス/資生堂

ケーキングが起こると、メイクブラシに粉が付きにくくなり、ファンデーションの表面に筋やブツブツができやすくなります。

雑菌が繁殖しやすくなる

メイク時に使用するパフを一週間洗わずに使用し続けた場合、トイレの床以上の数万個の雑菌が繁殖するといわれています。(※)

それだけ、メイク道具は雑菌が繁殖しやすい環境であるということです。

メイク道具に繁殖する代表的な雑菌は「バクテリア」です。バクテリアは、皮脂に含まれる油分をエサとして、密閉された空間で繁殖します。

特にファンデーションのパフは、密閉されたコンパクトにしまうことが多いため、湿っぽくなり、そこからバクテリアが発生する傾向にあります。

(※)数万個の雑菌が発生しているかも……!メイク道具のお手入れ方法 | 4MEEE

メイク道具を洗わないことによる肌への影響

メイク道具を洗わないことによる肌への影響

「メイク道具を洗う重要性」の項目で解説したように、メイク道具を洗わないと雑菌が繁殖します。

アトピー肌の方であれば黄色ブドウ球菌が繁殖し、ニキビ肌の方はニキビの原因となるアクネ菌が繁殖します。

パフやブラシに雑菌が付着することで、次に使用する際には菌が増殖した状態で肌に塗ることとなります。

そのため、アトピー肌やニキビ肌の方は、メイク道具の管理に注意する必要があります。健康的な肌の方でも、不潔なメイク道具を使用し続けることで肌荒れの原因になりかねません。

毎日丁寧にスキンケアをしているのに肌トラブルが治らない…という方は、もしかしたらメイク道具の汚れが原因かもしれません。

また、アイシャドウチップは目元のメイクに使用するメイク道具なので注意が必要です。

目元に使用するものなので不潔な状態にしておくと、ものもらいの原因になる可能性があります。

ものもらいは細菌感染が原因で目に発症する病気なので、アイシャドウチップは清潔な状態にする必要があります。

ものもらいになると、痛みやかゆみ、腫れが起きるため、日常生活に支障をきたすこともあります。

メイク道具を洗う頻度はどれくらい?

メイク道具を洗う頻度はどれくらい?

※引用元:ブラシクリーナー | 【公式】 国産ミネラルファンデーションなら「レイチェルワイン」

428人の方に「メイクブラシをどのくらいの頻度で洗いますか?」という調査を行ったところ、興味深い結果が明らかになりました。

なんと「洗ったことがない」という回答が85人もいたことです。さて、メイク道具を洗う頻度はどのくらいのペースが最適なのでしょうか?

メイク道具は、毎日洗浄する必要はありません。特にメイクブラシは、洗いすぎによって毛を痛めてしまうため、寿命を縮めてしまうこととなります。

人によってメイクをする回数やメイクブラシやパフの使用頻度は異なるため、洗う頻度は変わってきます。ひとつの目安として、メイクの完成度が下がった・メイクの仕上がりが悪い…と感じた時に洗うのがおすすめです。

目安のひとつとして、メイク道具別の洗浄頻度を紹介します。

メイク道具 洗う頻度
メイクポーチ 2週間1回
パフ 3日に1回
メイクブラシ 1ヵ月に1回
アイシャドウチップ 1週間に1回

メイク道具の洗浄時に用意する道具一覧

メイク道具の洗浄時に用意する道具一覧

メイク道具は毎日使用するものですが、実際に洗浄するとなると何を用意するべきか悩む方もいると思います。メイク道具の洗浄時に用意するべき道具は以下の通りです。

  • 袋やジップロック(素材がしっかりしたもの)
  • 専用洗剤(中性洗剤や洗顔フォームでもOK)
  • ぬるま湯
  • コップ
  • 洗面器
  • タオル
  • ブラシ
  • コットン

メイク道具のお手入れの仕方

メイク道具のお手入れの仕方

不潔な状態でメイク道具を使用するのは危険であることが分かったところで、実際に「メイク道具ってどうやって手入れをすればいいの?」と疑問に思う方もいることでしょう。

こちらの項目では、メイク道具別にお手入れの仕方を解説しています。今までメイク道具を洗浄したことがない方は是非参考にしてみてください。

メイクブラシを傷めない洗い方

前述したようにメイクブラシは毛が傷みやすい傾向にあるため、洗浄する際は優しく洗うことが重要です。

〈メイクブラシの洗浄方法〉

メイクブラシの洗浄方法

引用元:超簡単|化粧品社員が教えるパフ・スポンジの洗い方まとめ!

  1. コップにぬるま湯を入れ、ブラシを毛の根元まで濡らす
  2. メイクブラシに専用洗剤を付ける
  3. 洗剤を付けたブラシを、コップの中でくるくると動かす
  4. コップのぬるま湯を2~3回変えてすすぐ
  5. すすぎが終了したら、タオルでブラシの水分を吸い取る
  6. 筆の形を整えて自然乾燥させる
  7. 乾燥しだしたら、毛量のあるメイクブラシはブラッシングをして毛並みを整える

メイクブラシには動物の毛を使用した「天然毛ブラシ」とナイロンなどの合成繊維を使用した「人口毛ブラシ」の2種類があります。

〈天然毛ブラシの特徴〉
天然毛ブラシは、ふわふわとした肌触りが特徴です。デリケートなので、洗浄力の強い洗剤や石鹸が合わない場合があります。天然毛ブラシの洗浄には下記のような洗剤を使用しましょう。また、天然毛ブラシは油分を含んでいるため、人間の髪の毛と同じようにケアするのが最適です。

  • 固形石鹸
  • 液体シャンプー
  • ベビーシャンプー
  • 天然毛ブラシ専用の洗浄剤

〈人口毛ブラシの特徴〉
人口毛ブラシは、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維でできています。毛のコシが強く、天然毛と比較して丈夫な作りです。人口毛ブラシの洗浄には下記のような洗剤を使用しましょう。また、
人口毛は作りが丈夫なので、中性洗剤やエタノールなどでも洗浄が可能です。

  • 固形石鹸
  • 食器用中性洗剤
  • 人口毛ブラシ専用の洗浄剤

スポンジを傷めない洗い方

スポンジは皮脂やメイクを吸い込みやすい傾向にあるため、汚いまま使用すると化粧のノリが悪くなります。こまめに手入れをしましょう。

〈スポンジの洗浄方法〉

スポンジの洗浄方法

引用元:超簡単|化粧品社員が教えるパフ・スポンジの洗い方まとめ!

  1. 袋(しっかりとした素材のもの)かジップロックを用意する
  2. 袋にぬるま湯と中性洗剤、洗浄するスポンジを入れる
  3. 袋を指の腹で押し洗いする
  4. 洗浄が終了したら、洗面器にお湯を入れてスポンジのすすぎ洗いを行う
  5. タオルでスポンジの水分を吸い取り、風通しのいい日陰で自然乾燥させる

メイクスポンジを洗浄する際は、洗剤が残らないように、きちんとすすぎを行いましょう。洗剤が残っていると、肌荒れを引き起こす原因になります。

パフを傷めない洗い方

パフもスポンジと同様に汚いまま使用すると化粧のノリが悪くなるため、マメに手入れをするのがおすすめです。

〈パフの洗浄方法〉

  1. 洗面器にぬるま湯を用意する
  2. 中性洗剤をパフにのせて、洗面器の中でパフをもみ洗いする
  3. 洗面器のぬるま湯を何度か入れ替えてすすぎ洗いを行う
  4. すすぎが終了したらタオルで水気をふき取り、自然乾燥させる

シャドウチップの洗い方

目元のメイクに欠かせないアイシャドウチップは、手入れをしていない方も多いと思います。アイシャドウチップを不潔にしていると、目の病気を発症させる可能性があるため、清潔にしておきましょう。

〈アイシャドウチップの洗浄方法〉

  1. アイシャドウチップに水と中性洗剤をなじませます。
  2. 指で優しく洗浄し、汚れを浮かせます。
  3. すすぎ洗いをして、コットンで水気を取ります。
  4. アイシャドウチップをコップに立てかけて乾燥させましょう。

洗う際の注意点

洗う際の注意点

メイク道具を洗浄する際には、いくつか注意することがあります。こちらの項目では、メイク道具を洗浄する際の注意点を紹介します。

付け置きをしない

メイク道具の汚れが酷いからと言って、洗浄剤の入った水に何時間もつけ置きをすることはNGです。

特にパフやスポンジは、付け置きをすることで劣化を早めてしまう原因になります。加えて、もみ洗いをする場合も30秒ほどにとどめておくようにしましょう。メイク道具を洗浄する際は、短時間&優しい力で済ませるように意識するのがおすすめです。

熱湯は使わない

メイク道具の洗浄時に「熱湯」を使用するのも注意点のひとつです。熱湯を使用して洗浄を行うと、メイク道具の劣化を早める可能性があります。

特にメイクブラシの毛は熱に弱いため、熱湯で洗うと傷みます。一方で、水で洗う場合は油分が落ちにくくなるためおすすめできません。メイク道具を洗浄する場合は、ぬるま湯を使用しましょう。

直射日光・ドライヤーは使用しない

メイク道具は生乾きで使用すると余計に雑菌が繁殖してしまうため、乾燥を行う必要があります。

メイク道具を乾燥させる際に注意するべきことは、ドライヤーの使用と直射日光を避けることです。

ドライヤーは高温になるため、パフやメイクブラシを痛めやすくします。直射日光は、紫外線が含まれているため、劣化を早める可能性があります。

メイク道具を乾かす際は、「風通しの良い日陰で乾かす」ことがポイントです。

洗浄剤をきちんと洗い流す

メイク道具を洗う際に洗剤を残したままにすると、肌トラブルの原因になる場合があります。洗浄剤を使用した後は、きちんとぬるま湯ですすぎましょう。

メイク道具の管理方法

メイク道具の管理方法

メイク道具は丁寧に管理しないと汚れてしまいます。そのため、管理方法に困っているという方は少なくないでしょう。こちらの項目では、メイク道具の管理方法を解説しています。

メイクブラシの管理方法

メイクブラシは、メイク後に毎回ティッシュペーパーでブラシをふき取ることがおすすめです。ティッシュペーパーを広げて、その上をブラシで掃くようにすることで、メイクブラシの汚れがティッシュペーパーに移ります。

さらに、毛量の多いブラシの場合は、定期的にブラッシングをすることで内部に付着した汚れを掻き出せます。

また、メイクブラシを保管する場合は、直射日光を避け、メイクブラシ同士が擦れあわないようにスタンドやホルダーに立てて保管しましょう。

スポンジ・パフの管理方法

ファンデーションを塗る際に使用するスポンジやパフは、カビが繁殖しやすいアイテムのひとつです。スポンジを清潔に保つためには、スポンジを密閉させずに空気に触れさせることが大切です。通気性の良いところで保管することで、カビの繁殖を防止できます。

アイシャドウチップの管理方法

アイシャドウチップをメイクで使用した後は、ティッシュで化粧品を落としておきましょう。毎回アイシャドウチップの粉を落としておくことで、次に使用するときもムラなく塗ることができます。

また、他のメイク道具と同様に風通しのいいところで保管することで、雑菌やカビの繁殖を予防することができます。

メイク道具の交換の目安

メイク道具の交換の目安

あなたは、何年も同じメイク道具を使用していませんか?
同じメイク道具を使用していると「最近使いにくいかも…」と感じることも少なくないと思います。

こちらの項目では、メイク道具の交換の目安を解説しています。メイク道具の寿命を見分ける際に参考にしてみましょう。

メイク道具 交換の目安 特徴
メイクブラシ 半年~1年 ・肌に当たるとチクチクする
・毛先が広がっている
・メイクのノリが悪くなる
スポンジ・パフ 3 ヵ月 ・ひび割れる
・ゴワ付く
・メイクのノリが悪くなる
ビューラー 1年 ・カール力が弱くなる
・ゴムが劣化する

化粧品の消費期限

古くなったメイク道具を使用すると、肌荒れやメイクの完成度が下がるなどの問題が発生しやすくなります。しかし、注意するべきものは「メイク道具」だけではありません。肌に直接塗る「化粧品」にも注意をする必要があります。

化粧品の目安使用期限は下記のとおりです。大事な肌のためにも是非普段使っている化粧品の期限が切れていないかチェックしてみてください。

化粧品 使用期限
リキッドファンデーション 6ヵ月以内
パウダーファンデーション 1年以内
アイライナー(リキッドタイプ) 3ヵ月以内
アイライナー(ペンシルタイプ) 1年以内
アイシャドウ 1年以内
マスカラ 3ヵ月以内
チーク(パウダータイプ) 1年以内
チーク(クリームタイプ) 6ヵ月以内
リップ・グロス 3ヵ月~6ヵ月
スキンケアアイテム 6ヵ月以内
日焼け止めクリーム 6ヵ月以内

表を見ると分かる通り、水分を含んだ化粧品は使用期限が早い傾向にあります。

また、表はあくまでも目安です。一般的に化粧品は未開封の場合は3年間、開封した場合は約半年以内に使いきるのがおすすめです。化粧品は、開封し、空気に触れた瞬間に徐々に酸化が始まります。使用期限が過ぎてない場合でも、変色や変なニオイがした場合は処理するようにしましょう。

使いかけの化粧品を捨てるのはもったいないと感じるかもしれませんが、肌トラブルが起きてからでは手遅れになります。異変を感じたら処理をしましょう。

メイク道具のおすすめケアアイテム

ドライブラシクリーナー

アッドミー ドライブラシクリーナー
商品名 アッドミー ドライブラシクリーナー
主成分 鉄、ポリウレタン
楽天で確認する

アッドミー ドライブラシクリーナーは、簡単にメイクブラシを手入れできる優れものです。スポンジにメイクブラシをクルッと滑らせるだけで、粉が吸着して汚れをオフしてくれます。

メイクブラシは洗うと毛先がパサパサになりがちです。さらに、一度濡らすと数日間乾かないため、メイクブラシが何本も必要になることも少なくありません。

しかし、アッドミー ドライブラシクリーナーなら水洗い不要で、濃い目のカラーも大粒ラメもきちんと落として手軽に使用できます。

また、両面使えるため、片面が汚れたらひっくり返して使用できます。スポンジは取り外し可能なので、汚れたら洗って再び使えます。

手軽にメイクブラシをケアしたい方におすすめのアイテムです。

メイクブラシスタンド

アッドミー ドライブラシクリーナー
商品名 メイクブラシスタンド
主成分 【14本化粧筆対応】
13㎝×11㎝
【26本化粧筆対応】
20㎝×13㎝×15㎝
楽天で確認する

メイクブラシの保管や乾燥時に困っている方には「メイクブラシスタンド」がおすすめです。

メイクブラシスタンドは、組み立て式で乾湿両用です。メイクブラシの洗浄後に干すのはもちろんのこと、収納時にも最適です。

穴部分は伸縮性のあるゴム素材を使用しているため、化粧筆を傷つけることがありません。
乾燥時は、逆さまに設置しても落下する心配がなく、安心して使用できます。

また、メイクブラシスタンドには14穴と26穴の2種類があります。メイクブラシをたくさん持っている方もたっぷり収納できます。

ブラシガード

アッドミー ドライブラシクリーナー
商品名 ブラシガード
主成分 長さ約12cm前後
〈Sサイズ〉 幅約10mm前後(ブラシ円周最大1.8cmまで)
一般的なアイシャドウブラシぐらいの大きさです。
〈Mサイズ〉 幅約12mm前後(ブラシ円周最大6.5cmまで)
一般的なチークブラシぐらいの大きさです。
楽天で確認する

ブラシガードは、楽天ランキングで「受賞」した実績のあるアイテムです。加えて、リピート率も高く、多くの方が愛用しています。(※)

あなたは、メイクブラシをどのように保管していますか?きちんと、スタンドやホルダーに収納をしていても、気づけばブラシの毛がボサボサに…なんてことも少なくないでしょう。

メイクブラシにとって、毛の流れは命です。ボサボサ状態では、メイクの仕上がりもキレイになりません。

メイクガードで毛束を整えることで、毛の広がりを抑えることができます。さらに、収納時の粉飛びも心配する必要がありません。

カラーは、ブラック、パープル、ピンク、ローズ、クリアの5種類があるため、ブラシを色分けすることも可能です。

(※)引用元:https://item.rakuten.co.jp/auc-pa-ppar/16-02/

ブラシクリーナー

ブラシクリーナー
商品名 ブラシクリーナー
主成分 約5.5cm、高さ:約7.5cm、厚さ:2.9cm
楽天で確認する

メイクブラシクリーナーは、メイクブラシ専用の洗浄クリーナーです。コンパクトサイズで自宅使用も持ち運びにも便利なアイテムです。

2種類の凹凸があるため、小さいサイズのブラシも大きいサイズのブラシも、しっかりと汚れをかき出してキレイに整えることができます。さらに、メイクブラシの洗浄剤は不使用なので、洗浄剤による手荒れの心配もいりません。

「もっと便利にメイクブラシを洗えたら…」を実現しているアイテムです。手軽にパパっとメイクブラシを洗浄したい方におすすめの商品です

スポンジクリーナー

ブラシクリーナー
商品名 DHCメークアップ スポンジクリーナー
主成分 界面活性剤(40%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル)、安定化剤
楽天で確認する

メークアップ スポンジクリーナーは、DHCから販売されている商品です。

優れた洗浄力で、パフやスポンジにこびりついた汚れを徹底的にケアしてくれます。ファンデーションの種類の中でも、「ウォータープルーフタイプ」は汚れが落ちにくい傾向にあります。

しかし、メークアップ スポンジクリーナーならウォータープルーフタイプのファンデーション汚れも、キレイに洗浄できます。さらに、抗菌成分として「緑茶エキス」を配合しています。洗浄することで雑菌の繁殖を抑制でき、長時間清潔な状態をキープできます。

加えて、柔軟剤が配合されているため、スポンジやパフを優しくソフトな肌触りに仕上がり、メイク時の肌への負担も軽減できます。

DHCでは、週1回の使用を推奨しています。パフやスポンジのスペシャルケアとして、週1回の洗浄に使用してみてはいかがでしょうか。

さいごに

本記事では、メイク道具を洗う重要性をはじめ、メイク道具を洗う頻度、汚れたメイク道具を使い続ける危険性について解説しました。

同じメイク道具を使い続けることで肌の汚れや菌が付着して不衛生な状態になります。さらに、メイクのノリ自体も悪くなり、ムラになってしまう場合もあります。そのため、メイク道具は清潔な状態に保ってあげることが重要ですが、洗いすぎにも注意が必要です。

今回紹介したメイク道具の洗い方や注意点を参考にし、清潔なメイク道具でメイクアップをしましょう。

関連記事

  1. 【男女別のおすすめ香水12選】香水で目指せ好感度UP!人気の香水とサブスクサービスをご紹介

    【男女別のおすすめ香水12選】香水で目指せ好感度UP!人気の香水とサブ…

  2. 【顔の乾燥でお困りの方へ】乾燥の原因とおすすめのスキンケア一覧

    【顔の乾燥でお困りの方へ】乾燥の原因とおすすめのスキンケア一覧

  3. 【CNPだけじゃない!】激推し!韓国のスキンケアブランド&アイテム【美容液篇】

    【CNPだけじゃない!】激推し!韓国のスキンケアブランド&アイテム【美…

  4. 【男性の大人ニキビ】ニキビができる位置別の理由やニキビケア方法とは?

    【男性の大人ニキビ】ニキビができる位置別の理由やニキビケア方法とは?

  5. ミスト化粧水】化粧崩れ防止&化粧直しに!おすすめのミスト化粧水5つをピックアップ!

    【ミスト化粧水】化粧崩れ防止&化粧直しに!おすすめのミスト化粧水5つを…

  6. ダイエットをサポートする人気サプリメント特集!5選

    ダイエットをサポートする人気サプリメント特集!5選

キャンペーン脱毛 キャンペーンメンズ脱毛 キャンペーンクリニック
PAGE TOP