美肌には塗るだけじゃない「飲む美容液」でインナーケア!インナーケアの方法教えます

美肌には塗るだけじゃない「飲む美容液」でインナーケア!インナーケアの方法教えます

本記事では、インナーケアのメリットやインナーケアの方法、おすすめの飲む美容液などを解説しています。インナーケアの重要性を知りさらに美意識を高めたい方は是非参考にしてみてください。

毎日美しくありたい、上向き肌でイキイキしたいという方におすすめしたいのが「インナーケア」です。

インナーケアは外側のケアだけではなく身体の内側からキレイを作るのに効果的な美容方法です。普段の美肌ケアにインナーケアをプラスして今以上の美肌を手に入れてみませんか?

インナーケアとは

インナーケアとは

インナーケアは食事、運動、睡眠など生活全般の質をアップさせて身体を内側から整える美容方法です。

ハリのあるキレイな肌を保つためには表面上のスキンケアだけではなく、バランスの整った食事、適度な運動、疲労回復のための睡眠を取り入れ、全身のコンディションを整えることが重要です。

こちらの項目では、肌荒れと食事の関係性を基にインナーケアのメリットや大切さを紹介しています。

肌荒れと食事

人間の身体は日々の食事から作られています。それは肌にも言えることで健康的な肌を保つためには栄養を考えた食生活が大切です。

栄養バランスが偏った食生活は肌荒れの原因の一つになりかねません。それでは、栄養バランスが偏りやすい食生活とはどのようなものなのかを以下で見てみましょう。

〈加工食品〉
加工食品とは缶詰、レトルト食品、インスタント食品など、食品が加工されたもののことです。

比較的に安価で購入でき調理の手間がかからないため、食事のひとつに取り入れる方も少なくないでしょう。

しかし、加工食品は糖質や脂質、塩分が多めに含まれている商品もあり、日常的に食べていると糖分や脂質、塩分の過剰摂取になる場合があります。

これらを過剰摂取するとニキビができやすくなるなどの肌荒れの原因になります。

〈ジャンクフード〉
ジャンクフードと言えばハンバーガーやフライドポテトを思い浮かべる方も多いと思いますが、実際はドーナツ、菓子パン、スナック菓子、ラーメン、焼きそば、ピザなどもジャンクフードに分類されます。

ジャンクフードには脂質、糖質、食品添加物がたっぷりと入っています。さらに高カロリーな上に栄養素は低く、高頻度で食べていると身体や肌にも何らかの影響を与える可能性があります。

特にジャンクフードに含まれている「トランス脂肪酸」という人口の脂肪酸は、腸内環境を悪化させ、肌荒れを引き起こしやすくします。

また、ジャンクフードを食事に取り入れると野菜の摂取量が減り、ビタミンやミネラルが不足しやすくなります。

〈甘い食べ物〉
チョコレートやアイスなど、甘いお菓子の摂りすぎにも注意が必要です。継続的に食べる習慣を付けてしまうと身体の老化を早めたり、皮膚を酸化させ肌荒れを引き起こしやすくします。

インナーケアのメリット

インナーケアは、食生活や生活習慣を改善し内側からケアを行うものです。内側からケアすることでさまざまな効果をもたらしてくれます。

〈疲労回復〉
内側からコンディションが整うことで蓄積した疲労が回復します。

「寝ても疲れが取れない…」という方は身体の内側に何らかの不調を抱えている証拠です。
インナーケアをすることで疲労が回復し、すっきりとした毎日を迎えることができます。

〈肌がキレイになる〉
肌荒れの原因は食生活や睡眠不足なども関係しています。インナーケアの意識をすると食生活を含む生活全般を改善することができるため、肌トラブルの改善効果を期待できます。

〈精神面が安定する〉
精神状態の乱れには体内の乱れも関係しています。

栄養バランスが偏った食事や睡眠不足などは精神を司る自律神経を乱れさせ、精神に不調を引き起こす要因になります。

さらに、自律神経の乱れを放置しておくと自律神経失調症や心の病へと進行させる危険性があります。

インナーケアをすることで内側の乱れを正すことができるため、精神面も安定する傾向にあります。

〈病気になりにくくなる〉
インナーケアを行うことで全身の代謝を向上させる効果が期待できます。代謝が上がることで免疫力がアップし、病気になりにくい身体を作ることができます。

風邪をひきやすい方は内側の乱れから免疫力が低下している可能性があります。インナーケアで免疫力を高めましょう。

〈全身のコンディションが整う〉
インナーケアは全身のコンディションを整える効果を期待できます。

そのため、体内で起きていた不調がどんどん改善されていきます。その結果インナーケアを行う前よりも元気で健康的になります。

インナーケアの大切さ

内科学・皮膚科学を専門としアンチエイジング医療を行うマブチメディカルクリニック院長の馬渕先生は、肌に重要なケアについて「身体の内側からのケアが6~7割、外側が3~4割の割合で決まる」と指摘しています。(※)

このことから、肌を健康的に保つためには内側からケアするインナーケアがとても重要であることがわかります。

また、インナーケアにあたっては食生活に注意し、腸内環境を保つことが重要となります。

腸と肌は一見繋がりがないように感じるかもしれませんが口から摂取した食べ物は腸で吸収され、腸は身体に良いものと悪いものを選別します。

腸に不調をきたすことでこれらの選別が上手くいかなくなり、身体にとって不要なものを吸収します。吸収された不要なものが血液によって全身を巡らせるため、肌にも影響を与える可能性があるのです。

腸と肌の関係性を知ると人間にとってインナーケアがどれだけ大切なことかわかると思います。

(※) https://ribiyo-news.jp/?p=14933

インナーケアとスキンケアの違い

インナーケアとスキンケアの違い

インナーケアとスキンケアの大きな違いは、内側からアプローチするか、外側からアプローチするかということです。

スキンケアは商品の性質を利用して肌表面を潤わせたり、シワを和らげるなど見た目のケアをすることです。

インナーケアは、食事・睡眠・運動で身体の内側からケアすることを言います。特に食事で口から取り込んだ美容成分は、真皮層(肌の本体)を通り血管に美容成分が運ばれ、肌を健やかな状態に保つのをサポートします。

不規則な生活や栄養バランスが偏った食生活をしていると真皮層に美容成分が行き渡らなくなり、肌の弾力やハリがなくなり、若々しさが失われます。その結果、見た目年齢にも影響を与えます。

インナーケアの方法

インナーケアの方法

インナーケアは、食事、運動、睡眠から身体の内側へアプローチする美容方法です。こちらの項目では、普段の生活の中でどのようにインナーケアを取り入れるのか、インナーケアの方法を解説しています。

バランスの良い食事

身体の健康や日々の活動を維持しているのは「食事」です。毎日の食事で栄養バランスを意識し美肌に導く土台を作りましょう。

特にビタミンやミネラル、食物繊維は美肌のために積極的に取り入れるべき食材です。

〈ビタミン〉
ビタミンは肌のターンオーバーを正常に保つために欠かせない栄養素です。ビタミンで得られる美容効果を以下で見てみましょう。

成分名 効果 食材
ビタミンC ・抗酸化作用がある
・コラーゲン生成に欠かせない
・パプリカ
・キウイフルーツ
・レモン
・ほうれん草
ビタミンA ・肌の生まれ変わりをサポートする
・乾燥肌の改善に役立つ
・レバー
・緑黄色野菜
・チーズ
ビタミンE ・アンチエイジング効果
・むくみ解消
・モロヘイヤ
・アーモンド
・さば
ビタミンB類 ・肌の保護 
・炎症予防
・たらこ
・納豆

〈ミネラル〉
ミネラルは身体に必要な5大成分のひとつで、身体で作り出すことができません。そのため、不足したミネラルは食事やサプリメントで上手に補う必要があります。肌にとって特に必要なミネラルの成分は以下の通りです。

成分名 効果 食材
亜鉛 ・肌の生まれ変わりをサポートする ・牡蠣
・あわび
・するめ
マンガン ・肌の新陳代謝に重要 ・茶葉
・ナッツ
マグネシウム ・血管を若々しく保つ ・のり
・豆腐
・しいたけ
・肌の弾力を保つ働き ・レバー
・ココア
ヨウ素 ・肌にツヤを与える ・寒天
・あさり
・昆布

〈食物繊維〉
「インナーケアの大切さ」の項目で解説したように、腸と肌は密接な関係があります。

肌ケアを徹底して行っていても肌荒れが良くならないという方は、腸内環境が乱れている可能性があります。腸内環境を整えるために食物繊維を積極的に摂取しましょう。

食物繊維を摂ることで便通が整い、便秘防止に効果的です。便通が良くなることで必然的に肌荒れが改善されるため美肌を目指すことができます。

食物繊維が含まれる代表的な食材は、豆類(大豆、あずき)、芋類(里芋、さつまいも)、野菜(キャベツ、白菜)、きのこ類(しいたけ、しめじ)、海藻類(わかめ、寒天)などです。

栄養バランスのとれた食事は、健康の維持・増進や生活習慣病予防に役立つとされています。
ただ好きな物だけを食べるではなく、栄養が偏ることがないようバランスを意識した食事を、日ごろから心がけましょう。

適度な運動

生活の中で適度な運動を取り入れると
・筋肉が強くなり、疲れにくくなる 
・血液がサラサラになる 
・健康的に痩せる 
・抵抗力がつく 
・ストレス発散

など身体や精神面、美容面など多方面での効果を得られます。

運動を生活の中に取り入れるのはキツイ…苦しい…ツライ…というイメージがあるかもしれませんが、肌や健康を立て直す意味でも少しずつ取り入れてみましょう。

特に有酸素運動は、体内の糖質と脂肪を酸素と一緒に消費してくれるためダイエットに効果的です。

運動が苦手な方はウォーキングからスタートするのもおすすめです。姿勢を意識したウォーキングはインナーマッスルにアプローチでき、基礎代謝が活発な身体づくりに繋がります。

良好な睡眠

皆さんは1日何時間の睡眠をとっていますか?
日本人の睡眠時間は世界ワースト1位の短さとも言われ、平均睡眠時間は6時間27分とされています。(※)

インナーケアを行うためには、栄養バランスがとれた食事や適度な運動も重要です。しかし、食事と運動同様に「睡眠」も重要であることも忘れないでください。

睡眠不足になることで、肌荒れ、太りやすい体質、うつ病状態など、健康を害する症状が現れる可能性があります。

逆に質の良い睡眠をとることで疲労回復、肥満防止、ストレス解消など、あらゆる効果が得られます。

質の良い睡眠をとるためには、以下のことを意識しましょう。 

〈就寝3時間前に夕食を済ませる〉
寝る前に、消化活動を終わらせるのが理想的です。食事後にすぐ寝ると、寝ている間も消化活動が優先されるため身体が休まりません。そのため、同じ睡眠時間をとっていても眠りが浅くなり、疲れが取れにくくなります。

〈温かい飲み物を飲む〉
就寝前に温かい飲み物を飲むことで内臓の体温が上昇します。そして、体温が下がる頃に自然と眠気が訪れるため、睡眠前のリズムをつくるのに最適です。

就寝前に温かい飲み物を飲む場合は、ノンカフェインの飲み物を選びましょう。

〈湯船に浸かる〉
前述したように、人は体温が下がることで眠気を感じるようにできています。

就寝する2時間前にお風呂に入ることで体温が一時的に上昇し、布団に入る頃にはちょうどいい体温に下がっています。そのため寝つきも良くなります。

〈自分自身に合った寝具で寝る〉
身体のS字カーブがバランスよく支えられる寝具で寝ることで快眠に繋がります。そのため、自分自身の体型に合った寝具を選ぶのがおすすめです。

また、枕の高さや敷布団の硬さなどにも着目し寝る場所の環境を整えましょう。

(※)引用元サイト

肌ケアに水が大事な理由

人間の身体は60%が水分でできていると言われています。(※)

身体の中の水分は酸素を運ぶ役割や老廃物を排出させるサポートを担っています。しかし、生活の中で汗をかくと体内の水分が失われ、水分を補充しない状態が続くと肌の乾燥を引き起こしやすくなります。

水分を摂取することはとても重要なことですが、実際に水が肌に与える良い影響とはどのようなものなのでしょうか。以下で解説しているので参考にしてみてください。

〈保水力アップ〉
肌の保水力が下がることで肌が乾燥しシミや肌荒れの原因になり、化粧水や美容液を塗っても思うように効果を得られなくなります。

きちんと水分を摂ることで肌の保水力がアップし肌の乾燥を改善できます。

〈ニキビ予防〉
体内に老廃物が溜まるとニキビができやすくなる傾向にあります。しかし、水を飲むことで体内に溜まった老廃物を排出し肌の乾燥予防となり、ニキビができにくい肌を目指せます。

〈肌のターンオーバーが正常になる〉
肌のターンオーバーが乱れると、肌のくすみやシミを招く原因になります。

肌のターンオーバーが乱れる原因はさまざまありますが、中でも血液循環の悪化が挙げられます。

しかし、水分を補給することで血液が循環し老廃物が排出されるため、ターンオーバーが正常になり肌質改善へと繋がります。

(※)引用元サイト

飲む美容液とは

飲む美容液は名前の通り、ヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分が含まれるドリンクです。

ここで確認しておきたいポイントとして飲む美容液はあくまでも「美容成分が含まれるもの」で、美容効果が認められる医薬品ではないということです。

飲む美容液は、サプリメントタイプ、ドリンクタイプ、パウダータイプなどさまざまなタイプがあります。効果を感じられるのは10日から4週間と商品によって幅があります。

飲む美容液の効果

飲む美容液で得られる効果は以下の通りです。

〈食事では摂取できない美容成分を摂れる〉
美容をサポートするコラーゲンは年齢と共に失われることも少なくありません。さらに、通常の食事からコラーゲンを摂取するのは難しく、理想の量を摂取するには多くの量を毎日食べる必要があります。

飲む美容液ならドリンクやパウダーを口にするだけで1日に必要なコラーゲンを摂取できます。

飲む美容液にコラーゲン以外の美容成分が含まれている場合は、同時に他の美容成分も摂取できるため一石二鳥です。

〈肌の潤いや弾力アップ〉
飲む美容液は肌のハリ、シワ改善、美白、保湿効果など、商品によって効果はさまざまです。きちんと自分自身の目的に合った飲む美容液を継続して飲むことで内側から身体をキレイにすることができ、美容効果を期待できます。

〈疲労回復〉
人の身体は睡眠時に最も回復すると言われています。就寝前に疲労回復系の成分(タウリン)が含まれている飲む美容液を飲むと美容効果と同時に疲労回復に繋げることができます。

飲む美容液は手軽に食事では補えない美容成分を摂取することができます。

成分から商品を選べば疲労回復、免疫力アップなど、美容効果以外の副効果も得られることでしょう。

飲む美容液の選び方

飲む美容液は成分によって効果が異なります。自分自身に最適な飲む美容液を選ぶためにもこちらの項目をチェックしてみましょう。

〈目的に合った成分は含まれているか〉
飲む美容液を選び際に最もチェックして欲しいことは「自分自身が求める成分が含まれているかどうか」です。

成分の含有量も重要なので購入する際は必ずパッケージを確認しましょう。

下記では、飲むドリンクに配合されていることが多い成分をまとめています。自分自身が欲しい働きと必要な成分を見てみましょう。

成分 効果
コラーゲン ・肌に潤いとハリを与える
・骨や髪の生成をサポートする
プラセンタ ・エイジングケア
・美白作用
・シミ予防
イソフラボン ・肌の新地代謝を促進
・肌や髪にハリを与える
・骨を丈夫にする
コエンザイムQ10 ・紫外線やストレスによる活性酸素を抑制
・老化防止
ツバメの巣 ・免疫力アップ
・エイジングケア
・肌の新地代謝を促進
ヒアルロン酸 ・肌の水分量を保つ
・乾燥防止

飲む美容液を使用する場合、いかに効率的に美容成分を摂取できるかが重要です。
そのため、飲む美容液を購入する際は自分自身が欲しい美容成分がどれだけ含まれているのかを必ず確認してください。

〈成分の含有量〉
インナーケアの目的で飲む美容液を飲む場合は、成分の含有量も合わせてチェックしましょう。
美容に効果的な成分が豊富に含まれていても、少しずつしか配合されていない場合もあります。

また、プラセンタやイソフラボンは美容のためと多く摂取したくなるかもしれませんが、あまり摂取しすぎるとホルモンバランスが乱れる可能性もあります。

〈甘味料を控えた商品を選ぼう〉
飲む美容液には、エリスリトール・スクラロース、アセスルファムKなどの甘味料が含まれるものがあり、美味しく飲めるような工夫がされています。

しかし、これらの甘味料は美容成分を酸化させてしまう恐れがあります。できるだけ美容成分のみで製造された飲む美容液を選ぶようにしましょう。

〈毎日続けられる味と価格の商品を選ぶ〉
飲む美容液は毎日継続して飲むことで効果を実感できるようになります。そのため味や価格は重要です。

飲む美容液は一箱3000~9000円を超えるものまで幅広い価格が設定されています。どの価格のものなら続けられるか財布と相談しながら商品を購入しましょう。

また、風味も商品によってさまざまで匂いが強いと感じるもの、フルーツ風味のものなどがあります。口コミなどをチェックし飲みやすいものを見極めましょう。

インナーケアにおすすめの飲む美容液5選

オルビス ディフェンセラ

オルビス ディフェンセラ
商品名 オルビス ディフェンセラ
成分 還元麦芽糖水飴(国内製造) 、ユズ粉末果汁
風味 柚子
楽天で確認する

ディフェンセラはエイジングケアのスキンケア商品を販売しているオルビスの商品のひとつです。@cosmeベストコスメアワード2019ベストインナービューティーで第1位を獲得しています。(※)

さらに、特定保健用食品(トクホ)に認定されたインナースキンケア商品ということもあり購入者からの信頼度も厚いです。

ディフェンセラは飲むだけで肌の水分を逃しにくくし、乾燥を予防する飲む美容液です。「グルコシルセラミド」という純度の高いセラミドが含まれており、肌の潤いを内側からアプローチします。

肌のセラミドは洗顔で流れ出てしまうほどに繊細なため、オルビスは「飲む」ことで体内に取り入れ肌の水分を逃しにくくすることにこだわっています。

ディフェンセラは30日分から購入可能で30日分が3000円前後で販売されています。柚子風味のさわやかなパウダーなので味も良く、コスパと味の面でも続けやすい商品です。(※)

オルビスでは機能実証データから3ヶ月の継続をおすすめしています。乾燥が気になる方はまず3ヵ月チャレンジしてみてはいかがでしょうか。(※)

(※)引用元サイト

アルフェビューティコンク

アルフェビューティコンク
商品名 アルフェビューティコンク
成分 コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、エリスリトール
風味 ピーチ
楽天で確認する

アルフェビューティコンクは、鉄分とコラーゲンのW効果を得られる集中美容食品です。
さらに、美容をサポートする成分、エラスチン、ヒアルロン酸が配合されており、美容の土台を作るのに最適です。

アルフェ ビューティコンクのコラーゲンペプチドは1,000mg配合されています。コラーゲンを低分子化したコラーゲンペプチドが体内で吸収されて肌の隅々へと届き渡ります。(※)

摂取した成分は時間の経過とともに失われてしまうため継続した摂取に着目し、独特なニオイや味の少ない成分を厳選しています。続けやすさにこだわっているのもアルフェ ビューティコンクの特徴です。

また、アルフェ ビューティコンクにはパウダータイプとドリンクタイプがあります。
日常的に飲むならパウダータイプ、大切な日に飲むならドリンクタイプとライフスタイルに合わせて両方を活用するのもおすすめです。

(※)引用元サイト

Tp200

アルフェビューティコンク
商品名 Tp200
成分 馬プラセンタ、サイタイエキス末
楽天で確認する

Tp200は楽天市場で5年連続No.1を獲得した飲む美容液です。(※)

30代を節目に化粧が合わなくなったり、肌の調子が悪いなどの変化を感じる方は少なくないでしょう。Tp200は年齢による肌の変化に特化しています。

馬プラセンタ「美容栄養の宝庫」×馬サイタイ「保水成分の宝庫」のW凝縮で30代からのエイジングケアにおすすめです。栄養をきちんと摂取することで加齢に負けず、内側から肌にハリを与えます。

さらに、馬の胎盤に含まれるプラセンタにはアミノ酸、酵素類、ビタミンなどの成分がたっぷり含まれているため全身をキレイに整えてくれます。

極めつけは1カプセルにプラセンタが200mg配合されていることです。潤い成分が豊富に含まれている分、購入者の97%がハリや潤いを実感しています。(※)

Tp200は1カプセルに個包装されているため衛生面も安心です。確かな美容成分でアンチエイジングをしたい方におすすめの商品です。

(※)2015年、2016年、2017年、2018年、2019年原料メーカー調べ
(※2)引用元サイト

フラワージュ リッチ

フラワージュ リッチ
商品名 フラワージュ リッチ
成分 プラセンタ、活性ナノコラーゲン、プロテクオグリカン
成分 ぶどう風味
楽天で確認する

フラワージュ リッチは「内側からキレイの花が咲く」をコンセプトにしている飲む美容液です。そのコンセプト通り、フラワージュ リッチ1本で肌の透明感、ハリ、潤い、若々しさを取り戻してくれます。

フラワージュ リッチの代表的な成分は、プラセンタ、プロテクオグリカン、活性ナノコラーゲン、HMB、イソフラボン、ヒアルロン酸です。これらの成分を内側へ取り入れることで本物の美しさを手に入れることができます。

また、フラワージュ リッチは毎日続けるために「おいしさ」にもこだわっています。口当たりの良いぶどう風味に定評があり、購入者の93%が味に満足しています。

低カロリー、カフェイン・保存料不使用で安心して続けられるのも特徴のひとつです。(※)

2004年に販売されて以降、12年間研究に研究を重ねた実績のある飲む美容液で全身を内側からケアしてみてはいかがでしょうか。

(※)引用元サイト

チョコラBB リッチセラミド

フラワージュ リッチ
商品名 チョコラBB リッチセラミド
成分 米由来グルコシルセラミド(機能性関与成分)、コラーゲン、ヒアルロン酸
成分 ラ・フランス
楽天で確認する

チョコラBB リッチセラミドは、口内炎・肌荒れ・にきび・しみ・疲れなどをサポートするチョコラBBから販売されている商品のひとつです。

バリア機能に着目した飲む美容液で加齢や乾燥によるセラミド減少を内側から整えます。そのため「飲むセラミド」とも呼ばれています。

機能性関与成分である米由来グルコシルセラミドを贅沢に配合し、肌機能をケア、バリア機能をアップさせ、なめらかで健康な肌を手に入れることができます。

米由来グルコシルセラミドの機能性データでは、12週間の継続で経表皮水分蒸発量が格段に下がったことを報告しています。この結果により、乾燥改善に効果があることが分かります。(※)

また、チョコラBB リッチセラミドはノンカフェインで1本8.2と低カロリーです。そのため就寝前に飲む際も安心して飲むことができます。

また、ラ・フランス味なので美味しく飲みやすいです。肌のバリア機能を整え、乾燥から肌を守りたい方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

さいごに

本記事では、インナーケアのメリットやインナーケアの方法について解説しました。

インナーケアは食生活、運動、睡眠など、普段の生活の質をアップさせ身体を内側から整える美容法です。肌表面のケアだけではなく全身を整えるため、身体の調子も良くなります。

とは言っても、日常生活を1から見直すのは難しいことだと思います。まずは「飲む美容液」をから取り入れてみてはいかがでしょうか。飲む美容液には豊富な美容エキスが含まれる商品もあり、美味しく飲めるように工夫されている商品も多くあります。

生活の中でインナーケアを意識しながら飲む美容液を上手に活用し、身体を内側からキレイにしましょう。

関連記事

  1. 【とにかく忙しい方へ】手間と時間をかけない時短スキンケア方法

    【とにかく忙しい方へ】手間と時間をかけない時短スキンケア方法

  2. おうち美容が流行中!今やりたいおうちでできる10の美容法

    おうち美容が流行中!今やりたいおうちでできる10の美容法

  3. ヘアケア&スタイリングに!髪質別のおすすめヘアオイル8選

    ヘアケア&スタイリングに!髪質別のおすすめヘアオイル8選

  4. 【2万円以下】女性へのクリスマスプレゼントにおすすめの美容家電特集2020

    【2万円以下】女性へのクリスマスプレゼントにおすすめの美容家電特集20…

  5. 【顔の乾燥でお困りの方へ】乾燥の原因とおすすめのスキンケア一覧

    【顔の乾燥でお困りの方へ】乾燥の原因とおすすめのスキンケア一覧

  6. ハンドクリームの効果的な塗り方を知っていますか?【2020年秋おすすめハンドクリーム一挙紹介】

    ハンドクリームの効果的な塗り方を知っていますか?【2020年秋おすすめ…

キャンペーン脱毛 キャンペーンメンズ脱毛 キャンペーンクリニック
PAGE TOP