: トーニングで脱悩み肌!トーニングによる効果とおすすめのクリニックを紹介します

トーニングで脱悩み肌!トーニングによる効果とおすすめのクリニックを紹介します

本記事では、トーニングの特徴、原理、メリット・デメリットを紹介しています。トーニングの効果やレーザートーニングの種類、トーニングでおすすめクリニックも合わせてチェックしてみてください。

一度できてしまったシミや肝斑は、悪化するとコンシーラーでも隠すことが難しくなります。そこで、シミや肝斑による肌悩みを持つ方におすすめしたいのが「トーニング」です。

トーニングは、シミや肝斑などの炎症性色素沈着に効果的な施術方法です。シミや肝斑でボヤけた肌を、トーニングでキレイに整えてみてはいかがでしょうか。

トーニングとは

トーニングとは

引用元サイト:城本クリニック

トーニングは、「レーザートーニング」とも呼ばれ医療機関で導入可能なレーザー施術です。微弱なレーザーをシミや肝斑のある部位にあて、蓄積したメラニンを減らしていく施術です。

こちらの項目では、シミができる原因を基にトーニングの原理や特徴を解説します。

シミができる原因

シミができる原因

シミができる原因やメカニズムは以下の通りです。

紫外線

シミができる代表的な原因として「紫外線」が挙げられます。
紫外線を浴びることで、メラノサイト(メラニンを作る工場)からメラニンが多く生成されます。

健康的な肌は、紫外線を浴びても生成されたメラニンをターンオーバーによって外へと排出しますが、

ターンオーバーが乱れているとメラニンが皮膚の奥にとどまってしまい、外に排出されなかったメラニンがシミとして肌表面に現れます。

女性ホルモンの影響

妊娠中や出産後、経口避妊薬を服用している女性は、女性ホルモンのバランスが崩れやすい傾向にあります。

ホルモンのバランスが崩れることで、一時的にメラニンの生成が高まるためシミが増加します。

生活習慣の乱れやストレス

栄養バランスが偏った食事や、運動不足、睡眠不足、ストレスは、肌のターンオーバーを乱します。ターンオーバーが乱れると、色素沈着が起きやすくなり、シミもできやすくなります。

肌への摩擦と刺激

メラニンは元々、刺激から肌を守る役割を担っています。

しかし、メイク時に肌へ刺激を与えたり、クレンジング時に顔をこすることでメラニンが過剰に生成されます。その結果、シミとして肌表面に現れます。

トーニングのしくみ

トーニングのしくみ

参考サイト:オラクル美容皮膚科

シミができる原因は多くありますが、代表的な原因は「紫外線」が挙げられます。

肌は必要以上に紫外線を浴びると「異常事態」と判断し、メラノサイト(メラニンを作る工場)が過剰にメラニンを生成します。

生成されたメラニンは、さらにケエラチノサイトが取り込み肌表面へと上がっていきます。肌表面までたどり着いたケエラチノサイトは多くのメラニンを含んでいるため、肌表面に上がってきた時にはシミとなり肌に現れます。

トーニングはこれらのシミを微弱なレーザーで肌にまんべんなく照射し、メラニン色素を破壊、分解します。

分解されたメラニンはリンパなどを通して体外へと排出され、シミやくすみや肝斑が徐々に薄くなっていきます。

トーニングの特徴

前述したようにトーニングは、微弱なレーザーを肌にまんべんなく照射しメラニン色素を少しずつ減らす施術方法です。

「微弱」と聞くとあまり効果を期待できないように感じるかもしれませんが、低出力のレーザーでも蓄積されたメラニンを破壊する効果を期待できます。

レーザートーニングの大きな特徴は、これまで難しいとされてきた根深い肝斑の施術が可能なところです。

また、トーニングに類似した施術方法に「シミ取りレーザー」があります。シミ取りレーザーは、高出力のレーザーをピンポイントに当てる施術方法です。シミ取りレーザーはダウンタイムがあるのに対して、トーニングはほとんどダウンタイムがありません。

下記は、トーニングとシミ取りレーザーの特徴をまとめた表です。

トーニング シミ取りレーザー
照射範囲 広範囲 ピンポイント
レーザーの出力 低出力 高出力
ダウンタイム 10~15分 5日前後
肝斑の施術 可能 不可能

トーニングもシミ取りレーザーも共通して、レーザーを使用した施術です。しかし、肝斑の施術ができるかできないかでは大きな差があるのではないでしょうか。

トーニングのメリットと注意点

トーニングのメリットと注意点
こちらの項目では、トーニングのメリット・デメリットをチェックしてみましょう。

トーニングのメリット

微弱なレーザーを当てるだけでシミや肝斑(かんぱん)を薄くできる「トーニング」にはどのようなメリットがあるのか、いくつかピックアップしているので参考にしてみてください。

〈肝斑を薄くできる〉
これまでは強いレーザーを照射すると肝斑の症状を悪化させる可能性があるとされており、肝斑のレーザー施術は禁止とされていました。

しかし、トーニングのレーザーは低出力の照射のため肝斑の施術が可能です。トーニングなら肝斑の症状を悪化させることなく、安全に施術を受けられることから人気となっています。

〈肌への刺激が少ない〉
トーニングは、低出力のレーザーを肌に照射し徐々にメラニンを破壊、分解していく施術です。そのため、肌に負担をかけることなくシミや肝斑を薄くすることができます。

〈ダウンタイムがない〉
トーニングは、レーザーを使用した施術の中でも肌に優しい施術方法なので、ダウンタイムがほぼありません。そのため、ダウンタイムが確保できない方でも受けやすい施術です。さらに、施術直後からメイク可能なので、施術後に予定がある場合でも安心です。

〈美肌効果を期待できる〉
トーニングは、シミ、肝斑、くすみを改善する効果があります。しかし、トーニングで得られる効果はそれだけでは終わりません。

なんと、レーザートーニングには皮膚の深い部分を刺激しコラーゲンの生成を促す効果があるため、肌にハリが生まれたり、毛穴が引き締まったりと、美肌効果まで期待できます。

また一部副効果として、トーニングによるレーザーがメラニンに反応する特性のため、産毛を薄くする作用があることもわかっています。施術期間中は産毛が薄くなるため、顔そりをする必要がなくなります。

トーニングの注意点

レーザートーニングには、さまざまな嬉しいメリットがある反面、施術を受けるうえで注意点もあります。トーニングの施術を検討している方は注意点もチェックしてみましょう。

〈妊娠中の施術は肝斑を悪化させる可能性がある〉
クリニックによっては、妊娠中でもトーニングの施術を可能としている場合もあります。

しかし、妊娠中はメラニン活性が高まっている状態のため、レーザーを照射することでかえって肝斑が悪化する場合があります。

〈即効性がない〉
トーニングの施術は、1回の照射で大きな効果を見込めません。繰り返しレーザーを照射し少しずつ効果を実感するものなので、即効性を求めている方には不向きかもしれません。

〈副作用が出る場合もある〉
肌への負担が少ない施術と言っても、レーザーを肌に照射する以上は少なからず肌に刺激を与えることになります。

人によっては施術後に肌が乾燥したり、赤みやほてりが出てしまう可能性もあります。また、症状が酷い場合はニキビの発生や、かゆみが出てしまう場合もあります。

〈色素脱失する可能性がある〉
トーニングを照射しすぎると、肌の色素自体が抜けてしまい、肌の色が白く色抜けして目立ってしまうケースもあります。

照射をしすぎることがないように、きちんと信頼できるクリニックや医師のもとで施術を受けましょう。

トーニングの効果

〈レーザートーニングの施術前〉
レーザートーニングの施術前
〈レーザートーニング10回目〉
レーザートーニング10回目

引用元サイト:CLASSY仙台美容外科・美容皮膚科

こちらの画像は、トーニングの施術前後を比較したものです。10回施術を受けた後の画像は、シミがなくなり、肌の白さもトーンアップしています。

トーニングには、美白・美肌効果を得られることがよくわかります。

トーニングのビフォーアフター画像を見ると、トーニングで得られる効果も気になることでしょう。こちらの項目では、トーニングの効果を紹介します。

肝斑を改善する効果

前述したようにレーザーを用いた肝斑への施術は、悪化の原因になるとされていました。しかし、微弱のレーザーを照射するトーニングは、肌を傷つけることなく肝斑を施術できます。

シミ、くすみ、色素沈着も改善する効果

トーニングのレーザーは、メラニン色素に反応し、分解、破壊、排出をさせる仕組みです。

そのため、メラニン色素が原因の症状であるシミ、くすみなどの色素沈着であればトーニングでキレイにすることが可能です。

毛穴開き・たるみを改善する効果

レーザートーニングは肌質改善にも効果的なので、毛穴開きやたるみなども改善し、美白&美肌へと整えてくれます。

トーニングで使用されるレーザーの種類

トーニングで使用されるレーザーの種類

レーザートーニングで使用されるマシンは、「QスイッチYAGレーザー」「Qスイッチルビーレーザー」「ピコレーザー」の3種類があります。

各レーザーの特徴やメリットを見てみましょう。

QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザー

引用元サイト:プルージュ美容クリニック

QスイッチYAGレーザーは、532nmと1064nmの2つの波長をもつ医療用レーザーです。
機器の設定により、部分的なシミ取りとレーザートーニングの2つの施術が可能です。

〈QスイッチYAGレーザーで部分的なシミ取り施術を行う場合〉
波長を切り替えることで、浅いシミから深い層のアザまで施術が可能です。シミ、そばかすの原因であるメラニン色素の集合部分を一瞬のうちにピンポイントで破壊します。

〈QスイッチYAGレーザーでレーザートーニングの施術を行う場合〉
QスイッチYAGレーザーのレーザートーニングは、照射することで、皮膚の奥に蓄積しているメラニンに優しく作用します。

低出力の照射のため、回数は必要になります。しかし、回数を重ねるごとにメラニンの量が少なくなり、肝斑やシミを目立たなくさせてくれます。

副効果として、くすみがなくなり、クリアな肌を手に入れることができ、肌の色がトーンアップします。同時に毛穴の引き締め効果や、産毛が少なくなるなどの効果も得られます。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

引用元サイト:エルムクリニック

Qスイッチルビーレーザーは694nmの波長を持ち、シミ・アザなどの症状に効果的なレーザーです。メラニンの吸収率が高いのも特徴的です。

Qスイッチルビーレーザーは肌に照射することで、メラニン色素に特異的に反応し、穏やかに破壊します。

周囲組織へのダメージに配慮された設計のため、照射時に肌表面や血管、皮膚組織に傷をつけるなどの心配はありません。

施術を重ねるたびに、肌全体のメラニンを減らすことができ、シミ、肝斑、くすみ、色ムラの改善に効果的です。

ピコレーザー

ピコレーザー

引用元サイト:北村理子クリニック皮ふ形成外科

ピコレーザーは、532nm、694nm、1064nmの3つの波長を持っているレーザーです。
Qスイッチレーザーは、「ナノ秒(10億分の1秒)」という短い時間でレーザーが照射可能でしたが、ピコレーザーはナノ秒よりさらに短い「ピコ秒(1兆分の1秒)」での照射が可能です。

ピコレーザーは、メラニンを微粒子サイズに砕くという特徴があります。
砕かれたメラニンはマクロファージという細胞のエサとなり、最後はリンパ管を通って除去されます。

ピコレーザーは機器の設定により、トーニング、ピコスポット、ピコフラクショナル、タトゥー除去など、さまざまな使い方が可能です。

トーニングでは、メラニンがある部分に集中的に作用し、効果的にくすみ、シミ、肝斑を除去します。痛みや肌へのダメージを最小限にし、より高い美白効果を得られるのも魅力のひとつです。

トーニングの必要な回数

前述したようにトーニングは、微弱なレーザーを肌に照射します。
一度の施術で大きな効果を実感できなくても、回数を重ねれば、肌の変化を少しずつ感じることができます。

そこで気になるのがトーニングの効果を実感できるまでに必要な回数ではないでしょうか。
下記では、レーザーの種類別で目安回数を記載しています。

必要な回数 通うペース
QスイッチYAGレーザー シミの場合 5回前後
肝斑の場合 8~12回
2週に1回
Qスイッチルビーレーザー シミの場合 5回
肝斑の場合 5回前後
2週に1回
ピコレーザー シミの場合 5回
肝斑の場合 10回
1ヵ月に1回

レーザートーニングに必要な回数は、肝斑やシミの濃さ、目標とする薄さなどでひとりひとり異なります。

早い方では2~3回の施術で効果を実感する方もいれば、5~8回の照射でようやく効果を実感できたという方もいるようです。多い方では20回以上照射をする方もいます。(※)

正確な回数を知りたい場合は、レーザートーニングを取り扱っているクリニックに相談してみましょう。

(※)引用元サイト:銀座S美容形成外科クリニック

ダウンタイムについて

ダウンタイムについて

トーニングは、肌表面を傷つける心配がない優しい施術なので、テープ保護などのダウンタイムはありません。施術後すぐにメイクや洗顔、シャワーが可能です。

ただし、施術直後はレーザーの影響で肌に赤みが出る場合があります。そのため、きちんとクーリングや乾燥防止の保湿ケアを行う必要があります。

また、トーニングに限らず、レーザーを使用した施術にはリスクや副作用がつきものです。
トーニングの代表的な副作用は、照射後の赤み、乾燥、肝斑やシミの悪化などが挙げられます。

リスクや副作用を減らすために自宅でのケアはもちろんのこと、施術を受ける前のクリニック選びの段階で心から信頼できる医師を選ぶことが重要です。

医師やクリニックを選ぶときは、
・美容外科医の経歴、専門分野
・クリニックとしてのアフターケアの有無
・カウンセリングの印象
これらのことを総合的に判断し、自分自身に最適な医師やクリニックを選びましょう。

トーニングでおすすめのクリニック

聖心美容クリニック

皮膚治療

◆カウンセリングで仕上がりイメージをチェックできる

◆施術後に保証制度を完備

◆教育関連施設美容外科認定クリニック

目安料金 肝斑レーザートーニング
全顔35,000円(税抜)

聖心美容クリニックは、「とことん真面目に、美容医療」をモットーにしている美容クリニックです。

一人ひとりの人生に寄り添うクリニックを目指しており、確かな実績から「教育関連施設美容外科」に認定されています。

聖心美容クリニックでは、最新の「第二世代型ピコ秒レーザー」でトーニングを行います。第二世代型ピコ秒レーザーは、シミ治療で使用される「ナノ秒」のレーザーよりもさらに短い「ピコ秒」でレーザー照射が可能です。

従来のトーニングより「早く、キレイで、痛みが少ない」が特徴的です。弱い出力でも皮膚の奥深くまでしっかりとレーザーを届けてくれるため、1回の施術でも効果を実感する方がいるようです。(※2)

さらに従来のレーザーと比較して、肝斑の治療回数が約1/2なので施術回数が少なくて済むのも魅力的です。ダウンタイムの痛みも少ないので施術後も安心です。

また聖心美容クリニックでは、レーザー施術後のアフターケアとしてケア方法、日常生活の注意点などの説明があり、その点も安心して通える理由のひとつです。

(※)2020年4月1日東京院
(※2)引用元サイト:聖心美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形

◆1年間の来院者数240万人以上(※)

◆明朗会計で財布に優しい

◆安全対策への徹底

目安料金 肝斑治療全顔レーザートーニング
初回8,750円(税込)

湘南美容外科は、テレビCMでもお馴染みの大手クリニックです。1年間の来院者数240万人以上&クリニック数100院以上など、クリニック全体の規模の大きさも伺えます。(※)

湘南美容外科のトーニングは、「トップハット型レーザー」を使用しています。1064nmの波長で肝斑やシミの原因となるメラニンを刺激し、施術部位の周囲組織にダメージを与えることなく、効果を発揮します。

肝斑の施術には、とにかく短いパスル幅とそれによって生じる高いピークパワーが必要です。トップハット型レーザーは、短いパスル幅と高いピークパワーをクリアする機能を搭載しており、安全で確実にメラニンを破壊します。

また、従来のレーザーでは不可能だった肝斑の施術もダウンタイムなしで受けられます。

(※)引用元サイト:湘南美容クリニック

渋谷美容外科クリニック

渋谷美容外科クリニック

◆平日23時まで診療(渋谷院)

◆独自の予約システムで予約がとりやすい

◆丁寧で親身なカウンセリング

目安料金 肝斑治療全顔レーザートーニング
初回8,750円(税込)

渋谷美容外科クリニックは、脱毛をメインに美容整形やボディ施術などあらゆるコースを展開しているクリニックです。

渋谷美容外科クリニックのトーニングは、「メドライトC6」という最新型のQスイッチヤグレーザーを使用します。

メドライトC6は、532nmと1064nm、2つの波長持っており、肌内部の異常な色素のみに反応し、肌を傷つけることなく施術を行います。

施術回数は5~10回を目安とし、徐々に肝斑やシミのメラニン色素を薄くしていきます。

施術回数は5~10回を目安

引用元URLサイト:渋谷美容外科クリニック
こちらの画像は、実際に渋谷美容外科クリニックで施術をした方の照射前と照射1回後の画像です。
1回の施術だけでもシミや肝斑が薄くなり、肌がワントーン明るくなっていることがわかります。

また、一部院のみ平日23時まで営業しているため、仕事終わりに立ち寄りやすいのも特徴のひとつです。

エトワールレジーナクリニック

レジーナクリニック 薬事承認取得ピコレーザー

◆オーダーメイドの施術で理想を実現

◆完全個室のプライベート空間で施術を受けられる

◆無料カウンセリング実施

目安料金 ピコトーニング全顔初回7,800円(税抜)

エトワールレジーナクリニックは、シミ、ハリ、たるみ、ニキビなど、女性の肌トラブルを改善する女性専用のクリニックです。オーダーメイドの施術、院内の空間、おもてなしにこだわり、女性のキレイをサポートしてくれます。

エトワールレジーナクリニックのトーニングは、ピコトーニングを使用します。低出力の照射でメラニンを徐々に分解、排出し肝斑やシミにアプローチしてくれます。また、照射時に施術部位周囲の組織にダメージを与えないため肌への負担も心配ありません。

エトワールレジーナクリニックには、スポット・トーニング・フラクショナルを組み合わせた「ピココンビネーション」という施術方法があります。「ピココンビネーション」は、シミ、肝斑に更に効果的な施術方法です。

スポット:狙ったシミだけを集中的に破壊する施術
トーニング:シミ、肝斑、ハリ、毛穴にアプローチする施術
フラクショナル:コラーゲン増生&ターンオーバーの正常化を行う施術

ピココンビネーションは、これら3つの施術を同日に受けることが可能なため、「とにかくキレイになりたい!」「早くシミを薄くしたい」という方に最適なメニューとなっています。

エトワールレジーナクリニックはアフターケアが万全なクリニックです。万が一トラブルが起きたときも処方薬を出してくれるため、その点も安心です。

さいごに

本記事では、トーニングの特徴、しくみをはじめ、トーニングの効果やおすすめのクリニックなどを紹介しました。

これまで肝斑の施術に「レーザー」は、基本的にはNGとされていましたがトーニングならシミだけではなく肝斑までアプローチが可能です。

今までどんな美容法を試してもシミや肝斑を改善できなかったという方は、トーニングの施術を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ほくろをなかったことに!ほくろ除去で理想の白雪姫肌

    ほくろをなかったことに!ほくろ除去で理想の白雪姫肌

  2. ジム通い不要!自宅でできるトレーニングで美bodyゲット!

    ジム通い不要!自宅でできるトレーニングで美bodyゲット!

  3. 都内で人気の美容点滴・美容注射クリニック5選!美容点滴で理想のツヤ肌をゲット

    都内で人気の美容点滴・美容注射クリニック5選!美容点滴で理想のツヤ肌を…

  4. スッピンでも眉毛美人!アートメイク徹底紹介

    スッピンでも眉毛美人!アートメイク徹底紹介

  5. ピーリングで肌悩み解決!ピーリングの効果とおすすめクリニック4選

    ピーリングで肌悩み解決!ピーリングの効果とおすすめクリニック4選

  6. 印象は見た目が55%!ホワイトニングで輝く笑顔を手に入れましょう

    印象は見た目が55%!ホワイトニングで輝く笑顔を手に入れましょう

PAGE TOP