メンズエステサロンに効果的な集客方法とは?マーケティング施策も併せて一挙紹介

本記事では、メンズエステならではの集客方法を詳しく解説します。思うように集客の効果が出ないとお悩みの経営者の方はぜひ参考にしてください。

なかでも、メンズエステのオーナー様に向けて主に下記内容について解説します。

この記事でわかること

・メンズエステに有効な集客方法
・メンズエステのマーケティング戦略
・集客が上手くいかないメンズエステの特徴

エステサロンの集客について研究し、実行しているつもりなのに、成果を感じられないというメンズエステサロン経営者の方も少なくないでしょう。

メンズエステの集客力を高めるには、従来の女性向けエステサロンとは異なる戦略が必要です。

本記事では、メンズエステサロンならではの集客戦略を詳しく解説します。これまで女性向けサロンの戦略を取り入れても成果がでなかったという経営者の方はぜひ参考にしてください。

高まるメンズエステ需要

高まるメンズエステ需要

男性の美意識の高まりや近年の情勢から、メンズエステの需要は需要が高まることが予想されます。

男性のエステ利用の現状

株式会社リクルートが2021年2月に行った調査によると、調査対象6600人の男性のうち、1年以内に1回以上脱毛サロンを利用したことのある人は4.5%、またフェイシャルエステ、ボディエステを利用したことがある人の割合は双方ともに3.3%でした。

どちらの数字も前年比こそわずかに減少したものの、直近5年間のデータを比較してみると、男性のエステサロン利用率は安定しています。

参照元:株式会社リクルート【美容センサス 2021 年上期】≪エステサロン[脱毛]編≫

参照元:株式会社リクルート【美容センサス 2021 年上期】≪エステサロン[フェイシャル、ボディ/痩身]編≫

メンズエステの需要が高まると予想される理由

女性と比較するとまだまだ割合が低い男性のエステサロン利用。しかし次のような理由から、今後の需要は更に高まることが予想されます。

SNSの普及

SNSの普及によって、インターネット上に自分の顔を掲載することが当然のように行われています。客観的に自分の姿を目にする機会が増え、また時には他人から評価されることで、外見を更に磨きたいという美意識は自然と高まるでしょう。

長引くコロナ禍の影響

長期化するコロナ禍において欠かせないマスクは、蒸れや擦れなどから、人によっては肌荒れの原因にもなりかねません。これまで特にスキンケアを必要としなかった男性が考えるきっかけとなりうるでしょう。

またオンラインミーティングで映し出される自分の顔写りが気になる男性も少なくないかと思います。美容の観点だけでなく、ビジネスマナー的に清潔感を保ちたいと感じるのは当然のことです。

価値観の多様化

価値観の多様化が進み「男性らしさ・女性らしさ」という概念は旧来のものになりつつあります。

これまで女性のイメージが強かった美容の分野に男性が関心をもったとしても、自然なこととして受け入れられるようになってきているのです。

メンズエステに有効な集客方法5選

メンズエステに有効な集客方法5選

メンズエステの需要が高まれば市場は拡大し、業界の競争率も上がります。安定した経営を続けるには、効果的な集客方法を実践することが重要です。

集客方法1.SNS

近年の集客方法として欠かせないのがTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSです。メンズエステの開業が決まったら、早い機会に店舗専用のSNSアカウントを作成しましょう。

SNS集客のメリットは、費用をかけずにすぐに始められることです。特別な知識やツールは不要で、日頃使用しているスマートフォンから簡単に投稿できます。

一方的に情報を発信するだけではなく、見込み客との交流ができるのもSNSの特徴です。たとえばメンズエステが未経験の人にとっては、来店前に解消しておきたい疑問をもっているかもしれません。SNSのコメント機能を通じて問い合わせがあった際には、丁寧な対応を心がけましょう。

SNSは、継続することで徐々に影響力がつきます。すぐに集客につながることは簡単ではないものの、長期的な目線で運用することが大切です。

SNSを利用したエステサロンの集客のコツとは?ターゲット別のSNS活用法を紹介では、SNSに特化した集客方法を詳しく紹介しています。サロンのSNS運用にまだ力を入れていない方は、是非チェックしてみてください。

集客方法2.ホームページ

SNSが常に最新の情報を伝えるのに対して、ホームページは店舗の住所や営業時間、サービスの内容や料金などの基本的な情報をいつでも確認できる場所としての役割があります。

また情報量が限られるSNSでは伝えきれない内容を、画像や動画などを使ってたっぷりと紹介することも可能です。来店後をイメージできるようなコンテンツを提供することで、集客につながるでしょう。

ただし、多数のWebサイトの中から自社のホームページにたどり着いてもらうのは容易ではありません。SNSや次に紹介するGoogleマイビジネスからホームページへの導線をつくるなど、流入経路も工夫が必要です。

集客方法3.Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、Googleマップ上に表示される店舗情報を管理するための無料管理ツールです。店舗オーナーとして登録すれば、情報の更新や顧客からの口コミに返信することができます。

実はメンズエステの場合、地域を限定して店舗を探している見込み客は少なくありません。女性ほど美容への関心は高くなくても「近所にあるなら行ってみよう」「会社帰りに寄れそうな場所にあるから試してみよう」と考えるライト層がいるためです。

Googleマイビジネスの利用は、もともとサロンを認知していなくても地図情報からたどり着いたという層の集客に効果的なのです。

集客方法4.ポータルサイト

大手企業が運営する美容系ポータルサイトに登録すれば、開業したばかりのメンズエステサロンでも、多くの見込み客の目に触れるでしょう。サイト自体に既に多くの利用者がおり、サロンの検索から予約までを行っているためです。

株式会社リクルートが運営する美容系ポータルサイト「ホットペッパービューティー」では、提供するサービスごとのカテゴリーに加えて、メンズ向けに限定してサロンを検索できるようになっています。

集客方法5.オフライン広告

チラシや看板、雑誌や新聞への掲載など、インターネットを介さずに掲げる広告物をオフライン広告と呼びます。

オフライン広告は、一見アナログで効果が薄そうに感じるかもしれません。しかし場合によっては、オフラインだからこそ届けられる層がいるのも確かです。

たとえばインターネット上でメンズエステのSNSやホームページを目にする人は、もともとある程度の興味をもっており、自ら検索してたどり着いています。言い方を変えれば、まだ興味を持っていない層には届きにくいのです。

オフライン広告は、地域などは限定されるものの、不特定多数の人に届けることができます。現時点では関心をもっていない、あるいはメンズエステというものの存在すら知らない人に認知してもらうチャンスでもあるのです。

メンズエステならではのマーケティング戦略のポイント

メンズエステならではのマーケティング戦略のポイント

集客方法として選ぶ媒体だけでなく、広告表現の戦略などもメンズエステならではのポイントがあります。

ポイント1.結果を第一に訴求する

最終的な結果を得るまでの過程も大切にする女性と比べて、男性は第一に結果を求める傾向にあります。メンズエステに置き換えると、以下のような点を訴求ポイントとして捉えると効果的です。

  • 明らかな効果(=結果)を実感できること
  • より早く効果(=結果)を実感できること

ポイント2.論理的に説明する

男性に商品やサービスのよさを伝えるためには、論理的に説明することが重要です。

メンズエステにおいても、なぜこのサービスを受ける必要があるのか、なぜこのような効果を期待できるのかを論理的に納得させることができれば、成約の確率があがるでしょう。

なお女性は「第一印象がかわいいから商品が欲しい」「何となくよさそうだからサービスを受けてみたい」など感情的な理由で判断することも珍しくないといわれています。

このような販促方法は男性には通じにくいため、きちんと筋道を立てた訴求をすることが効果的です。

ポイント3.ダイレクトに表現する

集客目的の広告には、インパクトを与えようとつい目を引く表現を使用したくなるものです。しかし男性にとっては逆効果なこともあることを覚えておきましょう。

男性は、シンプルで直接的な表現に心を動かされる傾向にあります。そのため、一見ありふれているようなストレートな表現の方が効果的です。

ただし広告に使用する表現は、たとえ実例があっても景品表示法薬機法の違反対象となることがあるため細心の注意が必要です。

集客が上手くいかないメンズエステの特徴

集客が上手くいかないメンズエステの特徴

参考として、効果を得にくいメンズエステの集客とはどのようなものかを解説します。

特徴1.ターゲット・ペルソナが明確でない

集客対象となるターゲット像を明確にしないままでは、思うような効果は得られないでしょう。

たとえばメンズエステの場合、単に「男性」というような大まかなものではなく、年齢層や職種・趣味など、細かな項目を用いてターゲットを設定する必要があります。

更に年収や家族構成・性格など個人レベルまで絞り込んだものをペルソナといい、詳細に設定するほど、顧客のニーズを想像しやすくなるのです。

注意したいのは、運営側の都合で現実的でないペルソナを設定しないこと。たとえば「顧客単価を上げたいから“ペルソナの年収は1000万円以上”」などと設定するのはあまりに無謀です。

サロンの立地条件や周囲の同業者の傾向などから、現実的で自社のコンセプトに沿ったものを設定しましょう。

特徴2.特化した強みがない

他社と似通ったサービスを提供しているだけでは、需要の高まるメンズエステ業界を生き残っていくのは困難でしょう。どこでも同じであれば、より通いやすく、より安い店舗に顧客は流れてしまうものです。

重要なのは、他社との差別化を図ること。自社サロンにしかない特徴的なサービスをアピールすることで集客につなげましょう。

他のメンズエステにはない独自の強みをもてれば「最寄りではないけれど行ってみたい」「少し高くてもサービスを受けてみたい」という顧客も現れるものです。

特徴3.情報発信をしない

ホームページやSNSでの情報発信を怠ると、集客の効果も下がります。

特にSNSは、日常的なツールとして頻繁に利用する人も少なくありません。毎日のようにSNSを更新するメンズエステと、数ヶ月間更新が途絶えているメンズエステの両方をフォローしている顧客が、どちらに好印象を抱くかは明白でしょう。

店舗運営が忙しく更新を忘れがちな場合は、以下のような工夫をすることで更新頻度を上げる努力が必要です。

  • 決まった時間に更新することを習慣化する
  • SNS担当者を決めて業務として取り組んでもらう
  • 時間があるときに複数回分を予約投稿する

なおSNSやホームページの運用は、費用にゆとりがあれば外部に代行を委託することもできます。

さいごに

メンズエステは、ネット文化の普及や長引くコロナ禍の影響から、今後も需要の高まりが予想されます。
安定した集客の成果をあげるためには、従来の女性向けエステサロンとは異なる、メンズエステならではの戦略が必要不可欠です。本記事で解説した集客戦略を実践し、拡大する市場の中でも安定した経営を目指しましょう。

関連記事

  1. 【エステサロン向け】予約管理は完璧ですか?エステサロンにおすすめの予約管理システムを徹底紹介

    【エステサロン向け】予約管理は完璧ですか?エステサロンにおすすめの予約…

  2. エステサロンに導入すべきクレジットカード決済会社3社を紹介!

  3. エステサロンの開業資金はいくら必要?必要資金と資金調達方法を解説

    エステサロンの開業資金はいくら必要?必要資金と資金調達方法を解説

  4. 【エステサロン向け】新規顧客を獲得するには?リピートに繋げる集客方法徹…

  5. SNSを利用したエステサロンの集客のコツとは?ターゲット別のSNS活用法を紹介

    SNSを利用したエステサロンの集客のコツとは?ターゲット別のSNS活用…

キャンペーン脱毛 キャンペーンメンズ脱毛 キャンペーンクリニック
PAGE TOP