ヘアマスク使うなら効果的に!ヘアマスクの正しい使い方やおすすめのヘアマスクを徹底解説

本記事では、ヘアマスクの選び方や使用頻度、正しい使い方をはじめ市販・サロン販売商品でおすすめのヘアマスクを紹介しています。

「髪は女の命」という言葉もあるように、女性にとって髪の毛は特別な存在です。しかし、乾燥によるパサつき、繰り返しのパーマやカラーで傷んだ髪で悩む方も少なくないと思います。

そこで紹介したいのが「ヘアマスク」です。ヘアマスクは、ダメージを補修し、手軽にヘアケアが行えます。ダメージヘアが気になる方は、ヘアマスクを上手に活用して、ヘアケアを行ってみましょう。

ヘアマスクとは

ヘアマスクとは、ダメージを受けた髪の修復手段として効果的な、スペシャルケアアイテムのひとつです。

髪の内側へ補修成分を届ける作用があり、傷んだ髪を生き返らせてくれます。
修復効果だけではなく、髪のパサつきや広がりにも効果的で、まとまりやすくツヤのある髪質へと導きます。

ヘアマスク
引用元URL:https://www.beauty-matome.net/hair/botanist200507.html

上記の画像はヘアマスク使用前と使用後を比較したものです。使用前と後では、髪のまとまり感が一目瞭然ではないでしょうか。目で見た変化と手触りで違いを感じられるのも、ヘアマスクの特徴です。

コンディショナー・トリートメント・ヘアマスクの違い

コンディショナー・トリートメント・ヘアマスクの違い
コンディショナー、トリートメント、ヘアマスクは、一見似ているように思いますが、この3つのアイテムにはそれぞれ異なる特徴があります。特徴・役割・効果を理解し、正しく使用しましょう。

コンディショナー

コンディショナーは、シャンプーの後に使用するアイテムです。

コンディショナーを使うことで、髪のキューティクルを保護する効果を期待できます。コンディショナーによく似たアイテムとして「リンス」が挙げられます。リンスは、シャンプー後に髪の「表面のみ」を保護します。

対して、コンディショナーは、髪の表面と内側を保護し、指通りのなめらかな髪質へと整えます。

トリートメント

トリートメントは、髪の内側に栄養成分を行き渡らせ、ダメージを補修するアイテムです。髪の美容液のようなアイテムと考えましょう。

使用方法は、シャンプー後に水気を切り、毛先を中心にまんべんなく揉み込みます。トリートメントを付けたら、髪に栄養を届けるため数分間放置し、シャワーで洗い流します。

ヘアマスク

ヘアマスクは、トリートメントと同様に傷んだ髪を修復するアイテムです。しかし、トリートメントとヘアマスクを比較した場合、ヘアマスクの方がダメージの改善効果を持っています。

ヘアマスクは、シャンプー後に水気を切り、傷んだ髪の部分のみに塗ります。塗った後は、5~10分前後放置し、洗い流します。

ヘアマスクの選び方

ヘアマスクの選び方

ここから、ヘアマスクを選ぶときのポイントを紹介します。自分自身の髪質や髪の傷み方などを考慮し、最適なヘアマスクを選びましょう。

成分から選ぶ

人によって、髪質、髪の傷み具合、髪型は異なります。ヘアマスクを選ぶ際は、髪の長さや傷み具合に適した成分が入っている商品を選びましょう。

下記では、髪質ごとにおすすめの成分を記載しています。

髪質 おすすめの成分 効果
ロングヘアで髪が広がりやすい場合 シリコーン、コンディショニング成分 10回~15回
ショートヘアや髪が細い場合 〈高級アルコール成分〉
・セテアリルアルコール
・オレイルアルコール 
〈植物油成分〉
・アーモンド油 
・椿油 
〈保湿剤〉
・グリセリン
・シリコーンはコーティング力がある 
・コンディショニング成分は帯電防止効果がある
乾燥が気になる場合 〈植物油〉
・ホホバオイル
・オリーブオイル
・アボカドオイル
・シアバター
・髪のボリュームを残しながら、補修効果を得られる
切れ毛・枝毛の場合 ・ケラチン 
・パンテノール
・ケラチンはキューティクルを補修する成分。キューティクルを整える効果を期待できる
・パンテノールはハリとコシを与える効果がある
髪がペタンとなる場合 ・ノンシリコン ・ふんわりとした仕上がりになる
・髪全体にボリュームが出る

香りから選ぶ

ヘアマスクには香り付きの商品も多数販売されているため、香りから選ぶのもおすすめです。

ヘアマスクは、週に数回使用するスペシャルなヘアケアアイテムです。だからこそ、自分の気に入った香りのヘアマスクで特別な時間と極上の仕上がりを楽しめるものを選びましょう。

使いやすさから選ぶ

ヘアマスクは、ジャータイプ(据え置き型)やチューブタイプ(絞るタイプ)の型があります。

コスパを重視して使う場合は、内容量が多いジャータイプがおすすめです。

持ち運びを重視するのであれば、チューブタイプが最適でしょう。ヘアマスクを使用する場面や環境を考えて、商品を選ぶのもおすすめです。

ヘアマスクの使用頻度

ヘアマスクの使用頻度

ヘアマスクの使用頻度は、商品によって異なります。

しかし、一般的には、週に1~2回程度の使用がおすすめとされています。

髪が酷く傷んでいる場合は、髪の状況を見て、回数を調整しましょう。

目安回数は以下の通りです。
・カラー・パーマを1~2回している場合は、週に2回 
・カラー・パーマを2回以上している場合は、週に2~3回 
・ブリーチしている場合は、各日に一度

上記はあくまでも目安回数です。

基本的には、パッケージに記載されている回数を守って、使用するのがベストです。これからヘアマスクを使用する方のために、下記の項目では効果的な使い方と使用時の注意点を解説します。

効果的な使い方

ヘアマスクをより効果的に使用するコツは以下の通りです。

〈コームを使用する〉
ヘアマスクを髪に付けた後、髪にコームを通します。きちんとコームで髪の流れを整えることで、仕上がりがキレイになります。

さらに、シャンプー前に軽くコームを通すことで、髪についている汚れを落としやすくしてくれます。

〈濡れタオルやヘアキャップを付ける〉
ヘアマスクを付けた後に、濡れタオルやヘアマスクを使用することで、ヘアマスクが浸透しやすくなります。

〈アウトバス用のトリートメントで仕上げる〉
ヘアマスクを流した後は、タオルドライをし、洗い流さないトリートメントを髪全体になじませます。

そうすることで、ドライヤーの熱による髪のダメージを防ぐことができ、上質な髪へと整えることができます。

使用時の注意点

ヘアマスクは、ヘアダメージの修復に最適なアイテムです。しかし、使用する場合は注意点もあります。正しく使えるよう、間違った使い方を確認していきましょう。

ヘアマスク使用時の注意点は、以下の通りです。

〈ヘアマスクは頭皮に使用しない〉
髪の根元付近がダメージを受けている方は少ないため、ヘアマスクの使用は中間~毛先が主です。

頭皮付近に付けると、髪質によっては、「ペタッ」とした重い仕上がりになるため注意しましょう。

〈1回で使用する目安量を守る〉
ヘアマスクは、補修成分が高いため「1回の使用量を多くすれば多くするほど効果が高くなる!」と思ったことはありませんか?

しかし実際に、1回で使用する量を増やしても、効果が上がるわけではないようです。

むしろ、ヘアマスクの付け過ぎは保湿成分が浸透しにくくなり、逆効果になる場合もあります。ヘアマスクの1回の使用量は、100円玉~500円玉くらいの量を目安に使用しましょう。

ヘアマスクの使用手順

ヘアマスクの使用手順

ヘアマスクは、正しい順番で使用すれば、効果もきちんと実感できます。しかし、初めてヘアマスクを使用する方は、シャンプー、トリートメント、コンディショナー、ヘアマスクをどの手順で使用するべきかわからない方もいると思います。

そこで、こちらの項目では、ヘアパックの正しい手順を解説します。

ヘアマスクの使用手順は、シャンプー→トリートメント→ヘアマスクの手順が一般的です。

本来、トリートメントとヘアマスクは似た役割を持つアイテムです。
そのため、髪の毛の傷みが特に酷い時にトリートメントの代わりにヘアマスクを使用するのがおすすめです。

トリートメント後にヘアマスクを使用することに問題はありませんが、コスト面を考えると、トリートメントを普段使いにして、週1~3回のスペシャルケアとしてヘアマスクに入れかえると良いでしょう。

ヘアマスクの使い方

ヘアマスクの使い方

こちらの項目では、ヘアマスクの使い方を紹介します。

①シャンプーで髪の汚れを落とす
ヘアマスクを使用する前は、シャンプーで髪や頭皮の汚れ、皮脂を落とします。3分前後を目安に、優しく丁寧に洗います。

②髪の水気をきる
シャンプー後は、髪の根元から毛先まできちんと水気をきります。髪に水分が残っていると、ヘアマスクが水分と共に流れてしまうため、効果が半減します。

③毛先から揉み込みながら付ける
ヘアマスクを適量取り、髪の毛先から中間にかけて付けていきます。
その際に、髪の束を握るように揉み込みながら付けていきます。

④手櫛で整える
ヘアマスクを揉みこんだら、コームや手櫛で髪をキレイに整えます。

⑤蒸しタオルやヘアキャップを付けて放置する
ヘアマスクを付けた後は、すぐに洗い流さずに、パッケージに記載された時間通りに放置します。

その際に、蒸しタオルやヘアキャップを髪に付けると、ヘアマスクのなじみやすさがアップします。

⑥ヘアマスクを流す前に、もう一度手でなじませる
放置時間が終了したら、ヘアマスクを洗い流す前に、もう一度手のひらでヘアマスクをなじませます。髪全体にヘアマスクが行き渡ったら、洗い流します。

⑦バスタイム後のヘアケアも忘れずに
髪は濡れている状態が最も傷みやすいです。そのため、バスタイム後はタオルで髪の水分を丁寧に拭き取りましょう。

ドライヤー前は、アウトバス用のトリートメントを髪に付けることで、熱によるダメージを防止できます。

ヘアケアは、手間と時間をかけた分だけ、きちんと目に見えた効果を得られやすいです。ヘアマスクを正しく使用して、美しい髪を手に入れましょう。

おすすめのヘアマスク・トリートメント紹介(市販商品)

fino

fino
商品名 fino
内容量 230g
主成分 PCA、ローヤルゼリーエキス、イソプロパノール
楽天で確認する

資生堂から販売している「fino」は、7種類の美容液成分を配合したヘアマスクです。

肌に使用するの物と同様の美容成分が含まれており、乱れた髪のキメを整えます。アミノ酸やミネラルも豊富に含まれているため、髪の内側に浸透して、しっかりと保護します。枝毛や切れ毛などのダメージヘアにおすすめの商品です。

また、ツヤとハリのある髪を取り戻したい方、長く続けられるコスパ商品を探している方にも最適な商品です。

気になる香りは、ジャスミン・ローズやシトラスを主に、華やかな香りと爽やかさを交えた上品な香りです。高級感のある香りで、リラックス効果も得られます。

TSUBAKIプレミアムリペアマスク

fino
商品名 TSUBAKIプレミアムリペアマスク
内容量 180g
主成分 ジメチコン、アミノプロピルジメチコン、グリセリン
楽天で確認する

「待ち時間0秒サロン」をコンセプトにしているTSUBAKIのプレミアムリペアマスクは、髪になじませた後、すぐに洗い流せるのが特徴です。

すぐに洗い流せるため、手間もいらず、時短のヘアケアに最適です。時短ヘアケアでもサロン帰りのようなキレイな仕上がりになるのは嬉しいポイントです。髪の補修や保湿効果に優れた有効成分がたっぷりと配合されています。ダメージで狭くなった髪内部の通り道を広げ、美容成分が瞬時に浸透します。

さらに、髪内部に美容成分を閉じ込めて逃がさないため、毛先まで指通りなめらかな髪質を手に入れることができます。

使い方はとても簡単で、シャンプーやコンディショナー後に軽く水気を切り、適量を髪全体になじませて、洗い流すだけです。

これだけで、高いトリートメント効果を得られます。週に1~2回のヘアケアにおすすめの商品です。

SABONヘアマスク 3in1

SABONヘアマスク 3in1
商品名 SABONヘアマスク 3in1
内容量 200ml
主成分 ユチャオイル、マルラオイル、アビシニアンオイル
楽天で確認する

ヘアマスク 3in1は、イスラエル発のコスメブランド「SABON」から販売されているヘアマスクです。

ヘアマスク 3in1の特徴は、これひとつでコンディショナー、ヘアマスク、ヘアクリームの3役の使い方ができることです。自由自在な使用方法で、1日中ツヤのある髪をキープできます。

古代より伝わる3種類のボタニカルオイルと、死海のミネラルや高品質な植物成分が含まれているので、髪に潤いを与え、サラサラな髪質を目指せます。

気になる香りは、グリーンローズとデリケートジャスミンの2種類があります。グリーンローズは透明感のある自然な香り、デリケートジャスミンは上品なフローラルな香りです。

ヘアマスクとして使用する場合は、シャンプー後に適量を付けて、3分間放置し洗い流します。放置時間が短いので、ヘアケアに時間を割きたくない方も手軽にケアできます。

おすすめのヘアマスク・トリートメント紹介(サロン販売商品)

ナプラ ケアテクト OG トリートメント AC

ナプラ ケアテクト OG トリートメント AC
商品名 ナプラ ケアテクト OG トリートメント AC
内容量 200g
主成分 アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、ツバキ油
楽天で確認する

ケアテクト OG トリートメント ACは、業務用・プロ用のヘアケア製品の総合メーカーの「ナプラ」から販売されているヘアマスクです。

トリートメント ACは、オーガニックの観点から生まれた「ケアテクトOGヘアケアシリーズ」のひとつで、植物の力で、美しくしなやかな髪へと導きます。

また、厳選された植物オイルと天然由来成分を配合し、シリコーンフリーを実現しているのもケアテクトOGシリーズの特徴のひとつです。

トリートメント ACの「AC」は、エイジングケアを指します。そのため、エイジングケアとして使用が最適です。

年齢とともに弱くなった髪質のダメージを整え、ハリとコシを与えてくれます。さらにツヤと弾力のあるボリュームスタイルを引き出してくれます。

使用方法はシャンプー後に毛先を中心になじませ、3~5分放置し、洗い流します。
自宅にいながら、サロン仕様のアイテムで、手軽にエイジングケアしたい方におすすめの商品です。

ミルボン ディーセスノイドゥーエ ウィローリュクスニュートリエント

ミルボン ディーセスノイドゥーエ ウィローリュクスニュートリエント
商品名 ミルボン ディーセスノイドゥーエ ウィローリュクスニュートリエント
内容量 150g
主成分 マカデミアナッツ油、アモジメチコン、テアルトリモニウムクロリド
楽天で確認する

ディーセスノイドゥーエ ウィローリュクスニュートリエントは、美容サロン用ヘア化粧品専門企業のミルボンから販売されている商品です。

ディーセスノイドゥーエ ウィローリュクスニュートリエントは、髪の内部へ潤いを与え、水分を逃がさぬように閉じ込めます。その結果、しなやかで潤いのある髪質を手に入れることができます。毛先まで美しく整えたい方に最適なヘアマスクです。

毎日のケアでツヤを維持してくれるので、ダメージケアによるストレスも軽減できます。

容器はジャータイプなので、余すことなく使用できるのも特徴です。

使用方法は、シャンプー後に全体になじませて、洗い流すだけです!たったこれだけで、自宅にいながらサロンクオリティのヘアケアが行えます。

オージュア イミュライズ ヘアニュートリエント

オージュア イミュライズ ヘアニュートリエント
商品名 オージュア イミュライズ ヘアニュートリエント
内容量 150g
主成分 CMADK、ロイシン
楽天で確認する

ミルボンから販売されるオージュアシリーズは、「その人の髪にその人のオージュア」をコンセプトに日本の女性の美髪をサポートしています。

全13種類が販売されており、その中でもイミュライズ ヘアニュートリエントは、毛髪保護成分CMADKで毛髪の強度をケアします。

そのため、年齢によるダメージやカラー・パーマによる傷みが気になりだした方も健康的で美しい髪を目指せます。

また、オージュアシリーズは全13種類販売されており、どんな髪質の方でも使用できるように幅広いラインナップを取り扱っています。

実際にオージュアシリーズのHP(※)をチェックしたり、オージュアソムリエのいるサロンに行き、自分の髪質に最適なものを選ぶのがおすすめです。

各種、シャンプー、トリートメント、ヘアマスクも取り揃えているため、ライン使いでヘアケアするのも良いでしょう。

(※)http://www.aujua.com/http://www.aujua.com/

Hot Pepper beautyでは、検索条件でトリートメントを指定した検索を行うことができます。自宅ケアの他に美容室でのケアも興味のある方は、試してみたいトリートメントを使用した美容室が生活圏内にあるかチェックしてみましょう。



さいごに

本記事では、ヘアマスクの選び方や使用頻度、正しい使い方など、ヘアマスクについて解説しました。

乾燥によるパサつきやゴワ付き、枝毛や切れ毛などのダメージケアを目的に使われるヘアマスクは、上手に商品選びをすれば、自宅に居ながらサロン帰りのようなケアを行えます。

どのヘアマスクを選ぶべきか迷った時は、本記事で紹介した選び方や商品を参考にしてみてはいかがでしょうか?自分自身の髪質や毛量に最適なヘアマスクを選び、美髪を目指しましょう!

関連記事

  1. 【ワキ汗・ニオイ対策】いま人気の制汗剤はこれだ!ロールオンタイプ編

  2. 【いま話題の飲む日焼けケア!】日焼け対策足りてますか?飲む日焼ケアの人…

  3. 口コミで話題のナイトブラ・育乳ブラおすすめ10選!美しいバストはつくれ…

  4. マスクが肌荒れ・ニキビの原因に?肌トラブルを解消するスキンケア特集

  5. 【ミスト化粧水】化粧崩れ防止&化粧直しに!おすすめのミスト化粧水5つを…

  6. 【顔の乾燥でお困りの方へ】乾燥の原因とおすすめのスキンケア一覧

PAGE TOP